契約書が重要となるエステサロンへの申込

契約書は、日常生活においても様々な場面で利用されますが、エステサロンに申込をする場合いおいても重要なものとなります。エステサロンとの契約は特定商取引法に含まれるために業者は顧客と契約を結ぶ必要があり、その場合には契約に対しての事前説明を行う必要があります。説明は口頭では認められておらず、重要事項説明書を顧客に提示して、その内容に沿って行うことが求められます。但し、特例として、金額が5万円以下で1ヵ月未満のコースの場合や5万円以上でも1ヵ月未満のコースの場合、また、1ヵ月以上でも5万円以下のコースの場合には契約書は不要となります。

通常、エステサロンの場合には法律に則って契約がなされますが、契約書が無い場合には評判が良くても申込は避けた方が良く、また、法的に不要な場合においても注文書程度の取り交わしを行った方が、万が一、トラブルが発生した場合には適切な対処方法を行うことができます。契約書を取り交わす場合にはポイントを抑える必要があり、まず、サービス内容の確認をしっかりと行うことが必要です。次に、契約期間、変更、休会や中途解約について確認をする必要があり、都合によってサービスを受けることができなくなった場合などのためには大切な内容となります。3つ目としては料金についての内容があります。

契約ではどこまでの料金が含まれているのか、また、入会金や使用される商品は別途となるのかなどについて確認をする必要がり、これらが、コースに入っていない場合などでは予定金額よりも高額になってしまいます。そして、店舗自体に関しても確認が必要となります。それは、瑕疵担保に関してで、施術そのものに対してはもちろんのこと、例えば、店舗型の都合でサービスを受けることができなった場合の保証などに関しても確認をする必要があります。そして、クーリングオフに関しても確認が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*