ヘアーサロンで失敗しない注文方法

ヘアーサロンに行くと必ず聞かれるのは、どんなスタイルにしたいか、です。しかし、この注文方法を間違えてしまうとこんなはずじゃなかったのに、とがっかりしてしまうことが多くあります。事実、ヘアーサロンで「可愛くして欲しい」とか「軽くしてください」程度の曖昧な表現で注文してしまうと美容師さんにイメージが掴めず、頼んだ側との相違が生まれます。また、おまかせしますや適当に切って下さい、といった注文は多くの美容師さんが困ると答えてしまう注文です。

しかし、注文する時におさえておきたいポイントを理解しておけば、失敗することも美容師さんを困らせることもありませんので、覚えておきます。まずは、写真や切り抜きを持っていくことです。これは、行動に移すとき自身としては恥ずかしいかもしれませんが、これは切る側としては一番わかりやすいものになります。できれば、横だったり後ろも写っていう写真を持っていくことがベストです。

次に、細かく注文することも大切です。口うるさく思われないだろうかと考えるかもしれませんが、細かく注文せずに終えた後に心の中で毒づくだけではただストレスが溜まるだけですので、イメージのズレを縮めていけたら思っていたものと違うということが減っていきます。こうした少し自分の視点を変えてみることでヘアーサロンでストレスを溜めて帰る、ということは少なくなります。自分のためにもお気に入りの美容室を作るためにも注文方法を自分なりに決めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*