美容室にはヘアスタイル見本を持って行く

ヘアスタイルの流行は、毎年変化していきます。一年間の中でも、季節によって多くの人が支持する長さやスタイル、カラーは変わっていきます。自分の理想のヘアスタイルを求めて訪れる美容室ですが、チェーン店や個人経営を含め、非常にたくさんあります。お気に入りの美容室は、ネット検索で簡単に探すことができるようになり、予約も可能となりました。

また、ヘアカタログのサイトでは何百通りものヘアスタイルを掲載し、同じようにしたい場合は、「この美容室のこのスタイリストまで」という紹介がされており、その流れで憧れのヘアスタイルを実現できるようになっています。美容室に行く際は、雑誌の切り抜きやヘアカタログのサイトに掲載されている写真をプリントアウトして持参することをおすすめします。口頭で伝えるのは難しく、自分の描いているヘアスタイルと、プロのスタイリストがイメージするヘアスタイルには、多少なりともギャップが生じてしまうためです。もし仕上がりが全く違ったものになっても、技術料金は支払わなければならないわけですし、なりたいヘアスタイルと違ってしまうと伸びるまで気分が沈んでしまいます。

口頭で伝える自信がある人は良いですが、もしそうでなければ、自分とスタイリストのヘアスタイルのイメージが一致するように、必ず視覚で確認できるものを持って行きましょう。また、スタイリストの人とコミュニケーションを取り、髪質や毛量、ヘアスタイルの持ち、パーマやカラーは必要かなど、総合的に相談した方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*