高速バスは外国人旅行者にとって

高速バスを利用する外国人利用者数は2015年では2014年度比で50パーセント増となっており、国全体の伸び率を上回る業績を上げているバス会社もあり今後も外国人利用者数は伸びていくものと考えられています。

高速バス情報へのアクセスを容易にし旅をするための手段の選択肢をより優位にするためにも、情報の多言語化が進められるのです。国内での高速バスに対しるイメージはツアーバス事故が起きてからは安全対策が講じられてきているのですが、その安全性が向上したことを感じていない人が多くいて中でも若年層にその割合が多くいます。

日本人の利用客に安全性が向上されていることを、浸透させていく必要性もあるのです。一方外国人利用者の利便性をはかり、成田空港から日本を代表する観光地へダイレクトに向かえるような路線も拡大されています。

いろいろな路線がありますが、各路線ごとに日本のおもてなしを感じてもらえるようなサービスを提供して便利で快適な旅となるように、バス会社はもちろん各地域でアイデアを出し合って特色のある路線が増えてきているのです。外国人の人が予約・購入をする際に言語での壁ができないように多言語対応バス予約サイトを開始したり、旅行の際の重い荷物を抱えたままではせっかくの旅も楽しめなくなってしまうことから手荷物の配送サービスを案内しています。空港からダイレクトに目的地にリーズナブルで快適にいける、高速バスの利用がますます増えていくように努力がされているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *