春が来る前に、日帰りスキー

冬の鉄板のレジャーと言えるのが、スキー。

しかし、首都圏からではスキー場が多い東北や甲信越は遠くて時間もかかる。そして、宿泊もしなければならないなとど、お金がかかり富裕層が楽しむものだと思っている人がいるかもしれません。でも、それは一昔前のイメージ。

現在では高速道路網も整備され、新幹線も整備されていて、首都圏からの移動も楽になり、移動時間も短縮されました。つまり、日帰りスキーが出来る環境があるという事です。そうなれば、スキーは滑りたいが遠くていけないと、スキー場に行くことを躊躇っていた人も、これでしたら行けると思い、行くようになりました。また、自家用車が無いから無理だと思っていた人にも、鉄道会社が現地までの往復乗車券とリフト券をセットにしたものを販売しています。さらに、現地のスキー場では、レンタルのスキーやスノーボド、スキーウェアと貸し出してくれる所もあります。つまり、本当に手ぶらで現地のスキー場に行ってもスキーを楽しめてしまいます。スキーはしてみたいが、スキーとスキーウェアが無いからとあきらめていた人にとりましては、スキーを出来る機会が出来ます。

このように、日帰りスキーが出来る環境が整っていますので、昔みたいに一年に一度ではなく、中には毎週日帰りスキーを満喫する人もいますので、首都圏からでも冬に楽しむことが出来る気軽な冬のレジャーとなっています。春が来る前に、この日帰りスキーを楽しむのはありです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *