日帰りスキーでできるだけ長く滑るには

会社員で休みが週に1日しかない場合や、2日休みがあっても残りの1日は別の用事があったり、あるいは家でゆっくり休みたいという場合には日帰りスキーを選ぶのがよいでしょう。

旅行会社もスキーツアーの中で日帰りスキーツアーを設定している所も少なくありません。ただ、日帰りスキーは泊まりでスキーに行くよりも滑る時間がどうしても短くなってしまいます。そこで、どのように工夫したら日帰りスキーでも長い時間滑ることができるでしょうか。まずは、バスツアーで行く場合には深夜発のバスを利用することです。

都心部を深夜22時に出発するバスや23時に出発するバスは数多くあります。それらのバスを利用してスキー場に行くとだいたい朝のかなり早い時間に到着をすることになります。朝一番から滑ることができれば現地で過ごす一日の時間を有効に使うことが可能になります。ただし、夜バスでは眠れない人が深夜バスに乗ってしまうと翌朝一睡もせずにゲレンデを駆け回ることになり、翌日が仕事の時は地獄を見ます。そんな人は無理をせず当日の朝に出るバスに乗るようにしましょう。

あるいは、新幹線のチケットをとるか、スキーツアーの中で新幹線が利用できるツアーを選ぶと都心から1時間程度でスキー場に到着することができます。ただ、この場合にも新幹線駅に接続するスキー場を選ばなくてはなりません。電車を降りてホームでスキー板を履き替えてすぐに滑り出せそうな駅を探してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *