外国人観光客の増加には国の制度改革が必要不可欠

これからの日本は、外国人観光客をいかにして集められるかで成長の度合いが変わってくると言われています。

発展を続ける中国の影響を適切に受けられるかは、観光客誘致の政策が成功するかどうかにかかっています。多くの外国人観光客がもっと日本に来たいという工夫を凝らしていかなくてはならないのです。今の段階では、まだ日本は外国人観光客誘致に成功している国だとはいい難いです。外国人に不親切な国であるという印象の方がむしろ強いぐらいですから、さまざまなジャンルで制度を改革して、日本語を話せない人たちが安心して訪れることのできる国にしていく必要があります。

日本人の多くが英語で話しかけられても答えることができません。英語教育を充実させて、誰もが英語を話すことができるようになって初めて、真の国際化は達成されることでしょう。それまでは、案内看板を充実させて道に迷わなくてすむようにしたり、各国語を話せるガイドさんを多く雇って対応をしていくしかないでしょう。

外国人が日本に来たときに困ることの一つに、無料でWi-Fiが使えないという点があります。もっと誰もが気軽にネット接続できる国にしないと、情報化社会の波に取り残されてしまうかもしれません。国のリーダーシップが発揮されないと、こうした大きなシステムを変更することはできませんから、規制緩和の重要性が指摘されています。日本にはあまりにも意味のない縛りが多いのが問題なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *