インバウンドの観光客を増やす方針とその実情

日本人は海外旅行が好きであることに加え、生活的にも豊かになってきたことからアウトバウンドの観光を積極的に行う傾向にあります。

それと比較すると日本にはインバウンドの観光客が少ないということから、政府としてはその促進を行うことで経済の活性化を行わなければならないと考えてきました。そのため、外国人旅行者訪日促進戦略を掲げてその旅行者の数を増やすべく各地への支援体制を整えてきています。実際のところでは海外においても日本の観光地としての認識は高く、京都や奈良といった伝統文化が根付いている地域や東京や大阪のような大都市が世界的に知られています。

しかし、インバウンドの観光客が多くないと解析されてしまい理由として、もともと小さな国であるため大勢の旅行者が訪れられない状況にあるということや、先進国として物価が高いため旅行先として選ぶにはハードルが高いということがあげられます。そういった解消の難しい面があるためインバウンドの旅行者が増えにくいのです。

しかし、各地の名所の宣伝を行ったり、英語表記を増やしたりすることによって今までは無名だった地域についても外国人旅行者がよく見られるようになってきました。特に日本文化としてよく興味が持たれる温泉のある地域には高い人気があり、政府の掲げる旅行者数の目標を達成するのに向けて大きな寄与をもたらしています。こういった状況から考えると、日本の独特の文化を世界に広めることが旅行者を増やすためには重要な観点となっていくでしょう。
関西から沖縄のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *