寿司は飽きないご馳走

寿司好きは多いです。

近年は、外国人にも日本のお寿司が人気ですね。毎日食べても飽き足らない、それが魅力かもしれません。回転ずしのフランチャイズも増えました。気軽に好きなネタを選んで食べることができますから、行列のできるお店も多いです。寿司は江戸時代からあったようです。その頃は冷蔵庫もない時代で、新鮮なネタを確保し提供するのは大変だったことでしょう。やはりネタが命ですから、職人さんは仕入れにも細心の注意をしていることでしょう。

年末年始にはお寿司を食べる機会が増えますね。お客さんが集まった時、一番気軽にそして満足してもらえるのが出前のお寿司でしょう。そう考えるとコミュニケーション力の高い食べ物ですね。でも生ものが苦手という人にとっては、つまらない食べ物と言えるのかもしれません。たまごやかっぱ巻きしか食べない人もいますものね。現代ではロボットが握る店も多いです。まさに大量生産ですね。家庭で握りを作る人もわずかながらいます。

お刺身を仕入れて握れば安くできますものね。主に特別な日にだけ食べていたものですが、今ではごく普通の日に家族で外食する光景が見られます。回転ずしでは、お子様用のメニューや生魚が苦手な人用にシーチキンやコーン、焼き肉の乗ったものも流れています。デザートや麺類もあり、何のお店かしまいにはわからなくなるくらいです。でも、回転ずしの魅力って、いろんな人が同時に楽しめることが醍醐味なのでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *