寿司ほど日本人に好まれる

寿司という言葉を聞くだけで、気分がとてもいい感じになってきます。

食べ物の中でも特別な位置を、それは価格のことではなく、持っています。思い浮かべるだけでも、いろいろな形が出てくるのです。酢飯の上に新鮮な魚介類などがのったにぎり寿司、子供時代の運動会などのお弁当に、入っていた巻き寿司、ちらし寿司、などが瞬時に出てきます。現在は健康食とも言われる日本食の代表格の存在になっていて、多くの国の人をも魅了しています。中でも生魚などのにぎりは英語圏ではSUSHIで通用するほどです。

生魚をあまり食べないところでは、その地に合ったものでアレンジがなされて愛されてきています。近年では特に一般的になってきたのには回転寿しのおかげではないかと思います。誰もが料金も高くなく、普段の食生活の中に入ってきたのです。以前の寿司のイメージは高級な店で高額な金額を払ってたべるので、だれでもが行けるという所ではありませんでした。敷居が高く、お祝い事や、特別な日の食事がスシでした。ごく一般的に食べられるようになったことで、その世界で使われていた言葉も多くの人の口に上ってきます。

ご飯のシャリとか付け合わせに使われる生姜をガリとか、最後に飲むお茶のアガリとか、お醤油はムラサキとか、言うようになってきました。今後もずっと生活の中にしっかりと根を下ろした食べ物となっていくことでしょう。その人の好みの場所で好みの材料を使ったものが食べられるのです。
神戸でかにバスのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *