海外ツアーでの時差ぼけ対策

海外ツアー、とくに日本と時差のあるヨーロッパやアメリカに行くときにまず問題になるのが時差ぼけです。

日本とあまり時差のないオーストラリアなどのツアーでは問題ないのですが、こちらは季節が反対になるというのはあります。ということで、ツアーでの時差ぼけ対策をいくつか紹介しましょう。最も一般的なものは、できる限り出発の前から現地時間に合わせた生活リズムにもっていくようにすることです。もちろん実際問題として仕事などがあるので完璧にはできないでしょうが、できるだけそうすることです。例えば出発空港に着くくらいの時間がちょうど現地時間では夜になるということがあるでしょう。

その場合は少しでも早めに空港に着いて、空港のラウンジなどで仮眠を取るというのも一つの方法です。機内でもその時間に合わせて眠ったり起きたりしているのがよいのですが、機内食も出されますし、明るさや騒音もあってなかなかそうもいかないでしょう。だからと言ってずっと映画を見続けたりしているのはいけません。たとえぐっすりとは眠れなくても、目を閉じているだけでもかなり違ってきます。耳栓やアイマスクなどを用意しておくのもおすすめです。

現地に着いたら、もちろん現地時間に合わせて行動することになりますが、昼間にどうしても眠いという場合もあるでしょう。そのような場合はあくまでも昼寝として長くても2時間程度の仮眠を取ります。ここで夕方までぐっすりと寝てしまっては時差ボケはいつまでも治りません。できるだけ現地時間に早く体を慣れさせましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *