プレミアムエコノミーのツアー

海外ツアーでは飛行機のクラスは普通エコノミーですが、ツアーで一度でもエコノミーに乗ったことがある人なら分かるとおり、決して広い空間とはいえません。

そこで、ツアー料金との差額を払ってもよいから多少なりとも広い席を、という人にぴったりなのがプレミアムエコノミーです。座席は、エコノミーよりも1割程度は横幅が広くなっています。せいぜい4、5cm程度の違いではありますが、たったこれだけでも腕や肩、腰のリラックス感が違います。また、隣の座席との間も広くなっており、その分プライベート感もあります。

ももちろん座席の前後間隔も広く取られていて、こちらはエコノミーより2、3割は広いことが普通です。その分だけ足も伸ばせますし、リクライニングも大きく倒せます。一般的には、エコノミーとの差は座席だけで、それ以外のサービスはエコノミーと共通であることが多いのですが、例えば機内食については一品多くなっていたり、選べるワインの種類が多かったりすることもありますし、アメニティが用意されていることもあります。

チェックインについても、エコノミーと共通であることもありますが、専用カウンターが設けられていたり、搭乗もエコノミーよりも先に案内されることもありますし、航空会社によってはビジネスクラス以上しか利用できないラウンジの利用を認めているところもあります。プレミアムエコノミーに乗る場合は受けられるサービスの内容を予めチェックしておいたほうがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *