海外ツアーでのチップ

海外ツアーで戸惑うことの一つがチップでしょう。

国内ツアーではほぼ関係ありませんから、海外ツアー特有であって、日本人には困ることが多いものです。いろいろと考えるよりも前に、覚えてしまうほうが早いといえます。ますはホテルです。ドアマン、ポーター、ルームメイドなど、その都度1ドルから2ドル程度が適当です。レストランでは、だいたい食事の金額の10%から15%くらいが妥当です。ただし、明細に初めからチップが含まれていることもありますので、その場合は当然ながら追加で払う必要はありません。

よく明細を確認して二重に払うことがないようにしましょう。ついでですが、海外レストランでは支払いはレジカウンターなどがあるわけではなく、食事をしたそのテーブルで行うのが普通です。タクシーではメーター料金のこれも10%から15%くらいで、もしスーツケースなど重い荷物がある場合は少し多めに払うとよいでしょう。チップの額とともに重要なのが渡すタイミングです。

レストランやタクシーではあわてる必要もないのですが、ホテルのスタッフなどにはわざわざ財布を開いて渡すのではなく、すぐにさっと出せるようにしておくのがスマートです。ポケットやバッグの取り出しやすいところに小額紙幣やチップ用の小銭を入れておくようにしましょう。また、日本人は相手の目を見て話すのが苦手な人も多いですが、相手の目を見ながら渡しましょう。もちろん、サンキューの一言と笑顔は忘れないように。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *