日本船クルーズツアー

クルーズ船の中には日本船もあります。

外国船でのクルーズツアーは海外に来たという雰囲気は味わえるものの、やはり日本人には日本船でのツアーがしっくりくる場合も多いです。理由はいくつかありますが、大きいのは言葉の問題でしょう。外国船の場合、船内では英語が基本です。出港地によって、あるいは海域や船籍によってスペイン語やフランス語、イタリア語などが通じるスタッフが十分にいる場合もありますが、日本語はまず通じません。

この点、日本船であれば船内公用語は日本語ですから安心です。スタッフの国籍が日本とは限りませんが、日常的な日本語会話ができるように訓練を受けています。他にツアーで重要になってくるのは、食事と入浴でしょうか。外国船でもアジアンメニューは用意されていたりしますが、日本人の目から見ると中華風であったりインド風であったりすることも多く、必ずしも口に合うとは限りません。

日本船の場合も別に一日3食のすべてが和食ではありませんが、日本人の口に合うことを基本に考えられています。入浴については、外国船の場合、スイートルームクラスの上級船室でない限りは部屋にバスタブがないのが普通です。かといって大浴場もなく、湯船に身を沈めようと思えばジャグジーとか別料金を払ってスパに行くくらいしか手がありません。日本船の場合はほとんどの船室がバスタブ付きですし、さらに大浴場まであります。風呂好きの日本人のことをさすがによく分かって造られているという気がします。
大阪の高速バスのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *